社長挨拶

 2019年に、弊社は創立35周年とISO取得支援開始25周年の節目を迎えます。

 弊社のISO取得支援件数実績は2018年3月現在2700件近くとなり、「ISO取得支援実績 日本No.1」の地位を築くことができました。これを含む、弊社が提供するサービス事業(コンサルティング、教育・研修、研究・開発支援、技術情報調査など)のお客様の数も、製造業からサービス業まで幅広い業種で延べ5600社を超えました。ひとえに皆様からの長年にわたる御愛顧の賜物と、厚く御礼申し上げます。

 2018年9月14日で改訂期限を迎えるISO9001、ISO14001の改訂支援も、多くのお客様からご用命を賜りました。改めて厚く御礼申し上げます。

 ISO9001やISO14001の改訂と同様に、ISO17025 (試験・校正機関)、ISO45001(労働安全衛生)など、ISOセクター規格の改訂が昨年から今年にかけて行われ、ISO22000(食品)も2018年半ばに改訂の予定です。更に、JIS Q 15001(プライバシーマーク, 個人情報保護)も2017年12月に大幅に改訂されました。これらの規格を取得している企業も、一定期間内に移行を完了させる必要があります。

 弊社では、ISO17025, ISO45001, ISO22000などのセクター規格やプライバシーマークの移行支援につきましても、改訂情報の提供、移行支援コンサルティングメニューの提供により、お客様の移行活動をサポートしてまいりますので、お気軽にお問合せ願います。

 ISOは取得がゴールではなく、ISOを活用して会社を良くすることが重要になります。もしISOが貴社の業務遂行において、有効性が見られない、あるいは重荷になっているなどの課題がございましたら、是非弊社にご相談下さい。ISOをより効率的に運用し、業務と一体化させるISOリフォームや、複数規格の統合、内部監査員へのレベルアップ出張セミナーなどのサービスも提供しております。

代表取締役 向井 義晃
2018年4月
代表取締役 向井 義晃

 弊社は「ISO認証取得支援実績 日本No.1」の実績に恥じない、本来あるべきISO取得支援や、改訂移行支援・リフォーム・統合化支援などを実行してまいります。

 皆さん 一緒に貴社に役に立つISOを構築・改善して、ISOを活用し、業績向上を実現しましょう。